4月27日(金)京都のプリンセスライン株式会社様へご訪問
させていただき、BYDの電気バスを視察させていただきました。

ディーゼル車と電気バスの両方へ乗車させていただき、
発進時や加速時の音の静かさや、車内設備の違いなどを
実際に拝見し、電気バスを取り入れたことでのメリットなど、
様々なお話をお聞かせいただきました。

今回「電気バス」という新しいかたちのバスを拝見させて
いただき、今後も電気バスに限らず、自動運転バスなど様々な
バスが進出してくると考えられますが、宇野バスも、サービスに
適したバスを展開できるよう、検討していく所存です。

プリンセスライン(株)様のBYD電気バスの様子を動画に
まとめました。下記よりご視聴いただけます。
BYD電気バス動画

4月14日(土)・15日(日)
宇野バス、SBドライブ、赤磐市で
自動運転バスの試乗会を赤磐市立中央公民館で行いました。

試乗会には多くの方々にご参加いただき、
自動運転バスの安全性やバス停へ停車する際の正確さなどを
体験していただきました。

試乗会の様子を映像と写真にまとめましたので、是非ご覧ください。

映像はこちら
写真はこちら

SBドライブと宇野バス、「バス自動運転サービスの実用化に向けた実証」に合意。
4/14(土)4/15(日)赤磐市で自動運転バス一般試乗会を開催致します。

宇野バスは、従来から一貫して国・自治体から補助金を受けず、民間バス会社として
運賃最安値を20年以上維持しながら、経営を続けております。
そんな中、今後も運転手不足の問題や離職などの防止策を講じる一方で、自動運転
バスの導入が必要ではないか考えておりました。
ソフトバンクグループのSBドライブは、自動運転技術を活用したスマートモビリティー
サービスの事業化を目指しており、自動運転車両による路線バスの運行は、運転手
不足や路線維持などのバス会社が直面する課題を解決したり、交通弱者の移動を
支援したりする手段の一つになるという考えのもと、自動運転技術を提供しております。
お互いの目的が一致し、「バス自動運転サービスの実用化に向けた実証」を
行うことに合意を致しました。

今後、SBドライブと宇野バスは、連携して自動運転バスを使用して、
路線バスの明るい未来を作る新しいモデル構築へ挑戦いたします。

その第一歩として、来る4/14(土)4/15(日)に赤磐市の赤磐市立中央
公民館周辺で自動運転バス一般試乗会を開催することになりました。
一般試乗会に関する詳細は下記の通りです。

●SBドライブと宇野バス「バス自動運転サービスの実用化に向けた実証」に合意
●自動運転バス一般試乗会開催案内
●試乗会詳細

4月15日(日)より全路線、停留所通過予定時刻を変更させていただきます。
平日、休日(土・日祝)ともに時刻が変更となります。
今回は、各停留所通過予定時刻の変更のみで、減便等はございません。

現在、全車に設置しているGPS(全地球測位システム)により、
全便、全停留所の通過予定時刻を把握できるようになり、
これを利用して各バス停の通過予定時刻の見直しを
行わせていただきました。

早期通過が発生しない範囲で、遅れが小さくなるよう、
調整させていただきました。
何卒、引き続き、ご利用の程、宜しくお願い致します。

各時刻表は下記よりご確認いただけます。

美作線
国道2号250号線
東岡山線
四御神線

平成30年3月6日、宇野バスロケーションサービス「バスまだ?」が
データのオープンデータ化に貢献し、普及促進に大きな影響を
与えたということで、《一般社団法人オープン&ビックデータ活用・
地方創生推進機構》より表彰されました。

また、宇野バスで開発しているバスダイヤ編成支援システムが
internet.watchで紹介されました。